文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【メーカー欠品中】▲[RUF-SEP2015AU]□リンナイ ガス給湯器 20号 PS扉内上方排気型 給湯・給水15A

では、どうすればいいのでしょう。

RCS-S100 PROTECH/プロテック レインカバー ソニー社製PMW-100用雨カバー

[ネルド]NELD バク BAKU 二つ折り財布 AN209 キャメル/24
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は⑤フルメッキオーディオフルセット【送料無料】【防水】大迫力音量

 

 

(まとめ) ヒサゴ クラッポ小染 はな うすべにA4 CU03S 1冊(10枚) (×30)


訳あり特価!PRADA プラダ キーケース メンズ 2PG604 ネイビー