文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

93【美品/芯新品/分解清掃済】アラジンストーブ 39型 BF3902

では、どうすればいいのでしょう。

ドイツ製、kusch社 デザインアームチェア、高級家具、モダンデザイン、

世界に3000個しかないベッカムのフィギュア
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はコードリール おしゃれ 10m ブリッド BRID モールディングコードリール 10m 電工ドラム 延長コード 電源リール コードドラム コンセント 巻き取り 003277

 

 

☆21AW☆【THE NORTH FACE】 CHALLENGE AIR ダウンコート☆


東レラルサテン 生地 巾92cm×9m切売カット山吹 A8000-34-9M ハロウィンコスプレ材料 ポリエステル全35色 手芸・ハンドメイ