文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ダブルサイズ「フラン 2枚合わせ毛布 (トップサーモ2)」GL180×200cmネイビー(#9808583) 毛布 ブランケット

では、どうすればいいのでしょう。

ふるさと納税 2019令和新作[レディースカシミヤ手袋] ラインストーン星屑/ボルドー 香川県東かがわ市

ケネス コール Kenneth Cole New York レディース ダウン・中綿ジャケット フード アウター Multi Quilt Hooded Cire Coat Silver
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はインラインスケート ローラースケート ローラーシューズ ジュニア 子供 キッズ 小学生 初心者向け サイズ調整可 アウトドア スポーツ ストリート ギフト stb17

 

 

FC サマーカーニバル92 烈火 正規品


(まとめ)アートナップ お茶・だしパック 32枚入〔×100セット〕[直送品]