文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

人形の伏見屋ひな段雛人形30号三段赤毛氈付ひな人形雛段毛氈段スチール段

では、どうすればいいのでしょう。

Timex メンズ イージーリーダー 35mm パーフェクトフィットウォッチ One Size ゴールドトーン/ホワイト。 並行輸入品

(納期2か月以上) 三菱 EL-D17/3(201WM) AHZ LEDベースダウンライト クラス200 連続調光 白色 Ra85 ウォールウォッシャ φ150 FHT42形相当
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本ははーたん様専用リモワサルサエアー新品ガーズレッド色

 

 

東芝 RCSA14043XU 5馬力 三相200V ワイヤレス 業務用エアコン プラズマ空清搭載 大清快 天井吊形 SPエコゴールド R32 シングル 140形


美品モンクレールダウンジャケット。