文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

KOIZUMI LEDダウンライト φ150mm HID100W相当 (ランプ・電源付) 電球色 3000K XD152503WL+XE91664E

では、どうすればいいのでしょう。

Cluse (クルース) CL50001 ユニセックス クォーツ 腕時計 [並行輸入品]

Nordgreen ノードグリーンPhilosopher ミニマルファッション時計 メンズのガンメタルの北欧 デザイン腕時計 40mm
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はコクヨ 布製図面袋(2穴) A4 ひも式 マチ30mm セFZ1093 1(10個)

 

 

ドルチェ&ガッバーナ D&G 袖ライン トラックジャケット ジャージ ブルゾン


テーブルランプ 花柄 Blooms Field Fresh Floralish ( テーブルライト ライト 照明 LED 対応 間接照明 インテリア かわいい )