文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ロールスクリーン タチカワ ブラインド ラルクシールド シングル ワンタッチチェーン ビター RS-8092〜8093 幅160×高さ49cmまで

では、どうすればいいのでしょう。

STAHLWILLE スタビレー 5-95 強力メガネレンチ 42020095

サンテック 粋渓PROSPEC 中硬 RC 52
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【ジャンク】ギャランフォルティススポーツバック 触媒 CX4A

 

 

CANON トナーカートリッジ 502 シアン/マゼンタ/イエロー お買い得カラー3色セット 純正品


BURBERRY 折り畳み傘 FOLDING UMBRELLA 8033272