文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

デサント アウター ハイブリッドライトパディングジャケット メンズ BK 日本 M (日本サイズM相当)

では、どうすればいいのでしょう。

特別価格Caroline's Treasures BB9707DS1216 レッド ダックスフント 愛国的 壁やドアに吊るすプリント 12x16インチ マルチ好評販売中

北欧 トイレマット 3点セット 58cm×62cm(レギュラートイレマット+フタカバー+ペーパーホルダーカバー) グリーン オカ(OKA)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は3583.コールマン マスターシリーズ マット 150

 

 

ds-2218495 (まとめ)キングジム テプラ PRO テープカートリッジ ロングタイプ 18mm 白/黒文字 SS18KL-5P 1パック(5個)【×3セット】 (ds2218495)


空調服 空調風神服