文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

レディース バックパック 財布 PUレザー 盗難防止 カジュアル ショルダーバッグ ファッション レディース サッチェルバッグ US サイズ: M カ

では、どうすればいいのでしょう。

ボンバータ AVIANO 13インチ PCバック 5330610 GREEN CAMO

[アーミトロン] Armitron 腕時計 Unisex Mns Digital Sport アナログ/デジタル 408246MBLK [高級セーム革セット] [並行輸入品] 並行輸入品
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は✴︎美品 K18 18金 一粒 クリソプレーズ しずく型 ネックレス

 

 

システムキッチン アレスタ 壁付L型 基本プラン ウォールユニット付 食洗機なし 間口240×165/180cm 奥行65cm グループ2 LIXIL リクシル 流し台 リフォーム


国内発送【マメ】透明彫刻ミニチェーンバッグ