文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ESCO 3.5kgx4個 酸素系厨房漂白剤(キッチンワイドハイター) EA922KA-26A

では、どうすればいいのでしょう。

Casio メンズ腕時計 頑丈 クロノグラフクオーツ ステンレススチール&樹脂製 カジュアルウォッチ (モデル: MCW-100H-9A2VC

LGC35812K シーリングライト パナソニック 照明器具 シーリングライト Panasonic_送料区分14
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はODELIC LEDスポットライト 高効率タイプ 配線ダクトレール用 CDM-T70W相当 オフホワイト 8° 32VA 電球色 3000K (専用調光リモコン別売) XS513185BC

 

 

THE RERACS super140'メルトン ZIP DUFFLE COAT


KU90510 空調服 R ポリエステル製 FAN2200G・RD9261・LISUPER1 シルバー 4L