文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

(業務用5セット) Canon キヤノン インクカートリッジ 純正 〔BCI-7e+9 5MP〕 5色パック〔沖縄離島発送不可〕

では、どうすればいいのでしょう。

ZIPPO ジッポー ライター 200 モニター 本ミズオオトカゲ革 ブラック

★ヤーマン RF ボーテ ブルーム レッド S10 【美容器具】
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は神栄ホームクリエイト 物干金物(縦収納・ポール型) SK-460TSLP-WC 1セット(2本)(直送品)

 

 

最終値下げ☆レンタルスタジオ貸衣装SugarKeiシュガーケイウェディングドレス


内外電機 Naigai CMBZ607014SK 直送 代引不可・他メーカー同梱不可 盤用キャビネット 埋込形 MBF670-14K