文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【子供用■特攻服■上下セット】パープル色■【定価11220円】90~120cm

では、どうすればいいのでしょう。

キッチンボード 食器棚 90cm

手稲、ルスツ、サホロ リフト一日券
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はコーチ COACH アップルウォッチ バンド 交換ベルト 14700038 レディース Apple Watch strap 38mm 40mm 対応 ローズゴールド メッシュベルト

 

 

VIP SALE☆JIMMY CHOO☆レザースニーカー☆シルバー


(まとめ) コクヨ フラットファイルV(樹脂製とじ具) A4タテ 150枚収容 背幅18mm コバルトブルー フV10CB 1(30冊:10冊×3パック) (×2)