文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Probook 470 g0 series 11V 93Wh hp ノート PC ノートパソコン 純正 交換用バッテリー

では、どうすればいいのでしょう。

至福 ごろ寝 マット FUARI 折りたたみ マットレス 長座布団 お昼寝 洗える 高反発 車中泊 敷き布団 防災 ロング, ブラウン

Truly Ergonomic Cleave Keyboard - Optical Infrared Mechanical Switches - Be
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はデュークモン クリムゾンモード フィギュア

 

 

アスレチック AND100パーセント AND1 メンズ Entourage Mid (ホワイト / vivid レッド / royal) D1054MWRM


手作り石鹸 道具 カフェ・ド・サボン 木箱 アクリルモールド