文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

短納期 原神 GENSHIN げんしん 雲菫 YUNJIN コスプレ衣装 文化祭 コスチューム COSPLAY

では、どうすればいいのでしょう。

ISTARUSA INC. T-7M1HD-BLUE 5.25" to 3.5" 2.5" 12Gb/s HDD SSD Hot-swap Rack 並行輸入品

[ミシアラグジュアリー] ハット 麦わら帽子 キッズ ベビー 男の子 女の子 日よけ 春夏 5219 ピンク 47-49cm
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は★入手困難★PEACEMINUSONE VEST # 1 Blue

 

 

福助工業 KコートOP Oタイプ No.2 (140mm×240mm) 1ケース(3500枚)[FK]


■Teva■ Hurricane Verge チャンキーバックル サンダル