文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

デスクトップパソコン 中古パソコン DELL 第8世代 Core i7 メモリ32GB 新品SSD1TB office 7060SF Windows10 Windows11 対応 d-444

では、どうすればいいのでしょう。

ルネセイコウ スツール ブラウン 33×33×68.5cm ツイストスツール 「ラフレシア3」 日本製 TWS-190 BR

国内正規品 レビュー記入でノベルティープレゼント 7色+レインボーバージョン テンデンス 腕時計 メンズ レディース Tendence フラッシュ TY562002
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は✨レア✨限定モデル✨ルイヴィトン 長財布 気球 ジッピーウォレット ブルー

 

 

TRUSCO フッ素樹脂チューブ 内径10mmX外径12mm 長さ10m TPFA1210 1巻


Eカプコン限定モデル クリエイターズモデル クシャルダオラ 脱皮ver