文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

(C6-101)K18 リング 23号

では、どうすればいいのでしょう。

ルビーセル インテンシブ4Uクリーム

サイズ不明 中古 シンパシーオブソウル ジルコニア リング
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はコールマン グローブ#2000 2000-750J用 R000B043J

 

 

figma ペルソナ4番長&D-Arts イザナギ セット


京商 Flysky 2.4GHz デジタルプロポーショナルラジオコントロールシステム Nirvana NV14 テレメトリー 14ch Tx