文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

クリスタル ミラー 洗面鏡 浴室鏡 400x610mm ウエーブ シンプルカット 洗面 鏡 浴室 壁掛け ミラー 日本製 5mm厚 取付金具と説明書 壁掛け鏡 ウオールミラー

では、どうすればいいのでしょう。

(業務用5セット) シヤチハタ Xスタンパー/ビジネス用スタンプ 〔御中元/縦〕 黒 XBN-202V4

CAMMILE LED Camping Lantern, Battery Powered Lights Vintage Style, Recharge_【並行輸入品】
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は海外限定◆ロエベ◆アナグラムチェーンリンクブレスレット 洗練

 

 

ジョンローレンスサリバンライダースジャケット レザージャケット


婦人用 Sサイズ ツヤ消し 本皮 草履 金 銀 日本製