文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

☆韓国の人気☆【1993 STUDIO】☆Small Logo Windbreake.r☆

では、どうすればいいのでしょう。

【Safavieh】サファヴィア テーブルライト 68.6cm 2set 格子

Cartier(カルティエ)**LOVE RING, SM / LOVE リング、SM
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はOLD ENGLAND 36 定番 ピーコート 水色 サックス

 

 

タイガー魔法瓶(TIGER) 炊飯器 5.5合 圧力IH 土鍋コーティング 少量高速炊き メニュー付き 1合約17分 炊きたて ブラ


S/楽譜/吉川晃司/パラシュートが落ちた夏/タブ譜/バンドスコア /1984年