文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【ポイント15倍】【直送品】 山金工業 ボルトレス中量ラック 300kg/段 単体 3S4691-4W 【法人向け、個人宅配送不可】 【大型】

では、どうすればいいのでしょう。

HMANE 1.6CC Engine Model Kits for Adults, Mini Vertical Air-Cooled Single C

ポイント5倍 中古パソコン Windows 7 Pro 64bit Microsoft Office Personal 2007付 22型液晶付 富士通製Core i5/4G/新品SSD 240GB/DVD-ROM
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はスコットン寝具カバーセット掛け布団カバーシーツ枕カバーセット4点7

 

 

長角皿 鯉のぼり大皿 天目 [ 50.5 x 20.4 x 3cm ] 料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用


22SS◆CELINE HOMME◆注目のコラボアイテム◆T-SHIRT