文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

オスプレー Osprey メンズ ハイキング・登山 デイパック バックパック・リュック Arcane Small Daypack Milky Tea

では、どうすればいいのでしょう。

デスクトップパソコン 中古 HP Workstation xw6200 メモリ 2GB HDD 320GB Windows XP

Milisten 木製カモメの置物 航海装飾 卓上オーナメント 素朴なヴィンテージ 海鳥 彫刻 地中海沿岸 ビーチ ホームアート ホリデーグリーン 2(並行輸入品)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はmiumiu 長財布 リボンバイカラー

 

 

【送料無料】MOLDINO カッタ用チップ ZCET125CE CY9020 CY9020 ZCET125CE 10個【北海道・沖縄送料別途】


♡♡ eimy istoire ショート ブーツ ♡♡