文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【 DIAMOND WORLD 】レディース ジュエリー K18 ダイヤモンドピアス 0.15ct 片耳用 イエローゴールド 6本爪 FGカラー無色透

では、どうすればいいのでしょう。

ウエディングドレス カラー ピアノ演奏会 安い ロングドレス 結婚式 花嫁ドレス 二次会 パーティードレス 発表会 イブニングドレス 大きいサイズ フォーマル

マグネットプラン 高磁力マグネットバー 角形 0.8T(8000G) 25×25×450 片端M6タップ穴付 ( MGPB-450-1M6-S25 ) (有)マグネットプラン (メーカー取寄)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はSupreme Cutout Letters Hooded Sweatshirt WEEK 6 SS 20

 

 

SWAROVSKI - スワロフスキー きらきらモンチッチ


UK発 HOBBS LONDON プリントフリル ワンピース キャサリン妃