文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【代引不可】 サンドビック コロミル245カッター 【R245100Q3212L】

では、どうすればいいのでしょう。

パネルタンブラー 15642 (36ヶ入)【 人気 おしゃれ ビール タンブラー コーヒー 業務用タンブラー 食器 】

Kenko 双眼鏡 ultraVIEW M 8x25FMC 8倍 ブラック UVM825BK
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はベビー用品まとめセット

 

 

い草風 ラグマット/絨毯 〔ベージュ 江戸間8畳 約348cm×352cm〕 洗える 日本製 防ダニ PPカーペット 〔リビング〕〔代引不可〕〔沖縄離島発送不可〕


bcbgmaxazria シルク シフォン プリントワンピース ハンカチーフ