文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【希少】古着 ヴィンテージ NIKE ナイキ ロゴ刺繍 フルジップ ジャージ

では、どうすればいいのでしょう。

ストレート XS ホワイト レッド ステュディオス 別注

デジタル一眼カメラα[Eマウント]用レンズ SEL2470Z
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は新富士バーナー プロパンバーナー L-10 5M

 

 

ブルーフレームヒーターBF3911-G アラジン 未使用 ストーブ


XLX410NELP RZ9 パナソニック iスタイル W80 電球色 PiPit調光 1820 lm 法人様限定販売 XLX410NELPRZ9