文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

洋風すだれ アウターシェード 18315(w2000mm×h1770mm)1枚仕様 枠付け バルコニー手すり固定 引違い窓 日よけ 遮熱 リフォーム DIY

では、どうすればいいのでしょう。

トミー ヒルフィガー レディース コート アウター QUILTED LONG BOMBER COAT

ダイワDAIWA ベイトリール 16 ヴァデル BJ 100SH 2016モデル
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はモンマルトル取手(両面用)

 

 

Nikon AF50F1.8D


デヴィルズアドボケート メンズ カジュアルパンツ ボトムス Devils Advocate super skinny fit checked pants Light blue