文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

小原歯車 KHK 歯研はすば歯車 KHG3-25LE28 歯面高周波焼入 KHG Eシリーズ

では、どうすればいいのでしょう。

L.L.Bean(エルエルビーン) メンズ マウンテン・クラシック・フリース・ジャケット 米国フィット・レギュラー Mサ

イタリア製 Nicolazzi ニコラッツイ 高級 シャワー水栓 蛇口 お風呂 交換 リフォーム おしゃれ 混合水栓 奥行21.8×吐水口高7.3cm 3314-44 受注生産
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はDramaticActor 2012年 winter vol.3

 

 

[日進ゴム] 安全靴 ハイパーV#9000 耐油防滑 JIS規格S種 メンズ ブラック 26.5 cm 3E


16春夏最新作★注目★Saint Laurent★カードケース ブラック♪