文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

CWB Connelly Aspect Neo Life Vest Womens Large

では、どうすればいいのでしょう。

≪全品送料無料&1年保証付き≫血赤珊瑚いちごK18ペンダント・トップ苺シンプル揺れる差し色上品希少貴重大人女性お洒落かわいい

富士通 トナーカートリッジ CL116B マゼンタ 0890230 1個トップセラー
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はレディース ハイヒール バルダン 795 BALDAN ブラック スエード レザー オープン TOE PLATFORM パンプス W/ BAMBOO

 

 

[Sg様専用]【yohjiyamamoto】18AW ハット


並行輸入品 Disney Cinderella Sleep Gown for Girls, Size 5/6