文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Casio メッシュ・ミー・アップ Watch E-Data-Bank クォーツ:バッテリー Japan ウォッチ 海外出荷 AE-1200WH-1A 並行輸入品

では、どうすればいいのでしょう。

XLX460RENTRZ9 パナソニック 埋込型ベースライト 40形 W190 LED 昼白色 PiPit調光 (XLX460RENZRZ9 後継品)

東洋印刷 ナナフォーム タックフォームラベル(剥離紙ブルー) 白 24面 1箱=500折(500×1袋) NC15FB(直送品)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【Casetify】 ★ iPad 手帳型 ★ペイントカラーハート

 

 

SHIPS シップス リネンレーヨン混ロングコート ネイビー M


まな板 住友 抗菌 プラスチック マナ板(カラーピン付)MX ピンク /送料無料