文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

[PALM ANGELS] MONOGRAM SWIM SHORTS (送料関税込み)

では、どうすればいいのでしょう。

ジルサンダー☆ストライプAラインスカート

【日本入手困難】LONG SHIRT
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は日東 NITTO VIA刻印 天返し ステム

 

 

オーダーメイド 畳 国産 ユニット畳 い草 8層 縦171〜195×横256〜285cm ( サイズオーダー オーダー畳 畳マット オーダー い草ラグ い草カーペット )


E154/美品 M'S GRACY ひざ丈ワンピース ドレス ベロア 9 黒