文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

TAIYO 高性能油圧シリンダ 140H-81CS40CB250-AB-T

では、どうすればいいのでしょう。

[京都室町st.] 七五三 着物 3歳 男の子 被布セット 絵羽柄の被布コートと無地の着物のセット(合繊)「被布:白系 鷹柄 着物:紺」DHFB-n-dwset

HELLCATPUNKS メルトンMA-1ブルゾン ヘルキャットパンクス アウター ジャケット
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はOFFTEK 2GB Replacement RAM Memory for Asus M2N68 SE (DDR2-5300 - ECC) Mothe

 

 

アムウェイ キッチンナイフ 4本セット


賃貸住宅管理業者登録票【ガラス調アクリル】 W45cm×H35cm 文字入れ加工込 許可票 業者票 許可書 事務所 法定看板 看板 事務所用看板 g-pdzz