文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

CM グラブフック HA 1 (1個) 品番:HAG 1

では、どうすればいいのでしょう。

アイリスオーヤマ IH炊飯器 3合 ブラウン IH式 炊飯器 銘柄炊き分け機能 極厚火釜 玄米 茶色 デザイン (3)IH ブラウン 3合)

特別価格『メッセンジャーバッグBK【ROTHCO】』24《ジャックバウアー》でお馴染み定番《黒》!ファッション雑貨好評販売中
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はANGEL ALARCON ブーツ

 

 

(運賃見積り)(直送品)東北車輛製造所 幅広型自在金具付ゴム車輪 300X75 300X75TBRB


Maさん専用