文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【メール便選択可】ナチ TVFZ3100 アクアドリルEX VF用フラットチップ 1個 NACHI 不二越

では、どうすればいいのでしょう。

ミドリ安全 女性用ゴム2層底安全靴 LRT910ブラック 23.5cm LRT910BK23.5

TEAM LOSI レーシング 1/10 22 5.0 2WD DC エリートレースキット 汚れ/粘土 TLR03022
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はmi様の専用ページ グレー

 

 

TUKIESU ツキエス 最高級引手 MS-8 中 翠月 黒漆 1個


ZARA☆ポケット付きデニムオーバーオール☆関税送料込