文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

(まとめ買い) NTカッター プラスチックカッター用替刃BM-1P 1パック(6枚) 〔×30セット〕

では、どうすればいいのでしょう。

オンリーワンクラブ クラシカルアイアンネーム 四角 チョコ 黒艶消し/グリーンゴールド古美 NL1-N23GG

DECOMALL カーペット3畳 ラグ マット ペルシャ絨毯風 滑り止め 200X250CM ペイズリ 花柄 洗える グリーン 緑 防ダニ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はALITE(エーライト) メイフライチェア ラグナパープル

 

 

国産品で自然塗料! 丈夫な三段ベッド/3段ベッド 「職人MADE 大川家具」認定商品


Nike golf ナイキ★Aerobill True Retro 72 ロゴキャップ