文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【代引不可】 豊澄電源 LD21シリーズ 200V対100V複巻ダウントランス 2KVA 【LD2102KF】

では、どうすればいいのでしょう。

TRUSCO/トラスコ中山 RV100N用メネジ RV100NM

ポリエステル製 長袖 空調服/作業着 〔ファンカラー:ブラック カラー:ブラック L〕 リチウムバッテリー付き LIPRO2 KU90510
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は完売必須希少 入手困難 adidas FORUM MID 早い者勝 ユニセックス

 

 

【60枚】BS-305454-10 ブルーシート #3000 厚手 青 5.4mx5.4m 約18畳 ハトメ数24個 1枚x6冊/ベールx10 1枚あたり2482.1円 / 激安 安い 超特価 送料無料


【MEJURI】ハンドメイド〇Daily Stacker Ring☆6mm幅〇2色