文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Coach シグネチャー キャンバス パッチ ジップウォレット 長財布

では、どうすればいいのでしょう。

日本未入荷!超可愛いヒョウ柄厚底シューズ!アディダス☆CHOIGO

【MAISON LABICHE】 vincennes "avant-garde"ハット
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は14th addictionライダースジャケット レザージャケット

 

 

天然 ノーチラス オープンシェル ブルー ペンダント ビーズネックレス ハンドメイド レディース ジュエリー CA432-R好評販売中


即決送料込手動式タイヤチェンジー シャフト12φ センター出し用三角錐カラー