文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

TRUSCO チューブカッター(自動送り機能付き)チタンコーティング刃 『TTC1066T』

では、どうすればいいのでしょう。

日東工業 RA25-712-1C RA形制御盤キャビネット ヨコ700xタテ1200xフカサ250mm 屋内・屋外 鉄製 水切 [代引き不可]

空調作業服 ベスト 空調ウェア ファン付き作業着 熱中症対策 冷却服 USB給電 大風量 日焼け止め服 扇風服 冷感ひんやり 空調服用の扇風
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【定番】BURBERRY ラウンドジップ 長財布 ビンテージチェック

 

 

サンゲツ コントラクトカーテン シアー・レース Sheer&Lace PK9614 レースSS仕様 約2倍ヒダ 幅450x高さ260cmまで


Naturehike ネイチャーハイク テントOPALS3 オパルス3