文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

アズワン かきまぜ循環ポンプ用外部サーキュレーション /1-4141-02

では、どうすればいいのでしょう。

ジーベック 空調服 綿ポリ混紡ペンタス空調服XE98001-22-4L ▼115-8908 XE98001-22-4L 1着

並行輸入品The 2016-2021 Outlook for Plastics Static Model Boats, Cars, Planes, Trains好評販売中
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は定価107800円❗️美品❣️D0.09CT✨k18ティアラインダイヤネックレス

 

 

【期間限定 YKKキャンペーン】ラフォレスタ[新和風] 内障子 引違い戸[2枚建] 新荒間(紙貼障子):[幅1690mm×高1161mm]YKK室内引戸 室内引き戸具 雪


【MONCLER】MAGLIA 異素材MIX ジップアップジャケット/IVORY