文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

東芝 換気扇 レンジフードファン 浅形 ターボファン大風量タイプ VFR-37LP/srm

では、どうすればいいのでしょう。

MAKALA by KALA MK-S Soprano Ukulele w/bag ソプラノウクレレ【マカラ・カラ】

【期間限定 YKKキャンペーン】YKKAP室内引戸 トイレ片引き戸 中級タイプ TW ケーシング枠:[幅1323mm×高2033mm]
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は小さな果実 松本いちか1st.写真集

 

 

カーテン&シェード リリカラ &time アンドタイム NATURAL TM-VP121〜VP122 厚地+レース お買い得セット:レギュラー縫製 約1.5倍ヒダ 300×100cmまで


【☆最新作☆】ルイヴィトン ジッピーウォレットヴェルティカル