文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

OSG OSG PHOENIX 仕上げ用ラジアスエンドミル PFR 超硬シャンク エキストラロングタイプ 7832021 (PFR-R100SS10-LL150CS (7832021)) (メーカー取寄)

では、どうすればいいのでしょう。

コーチ ショルダーバッグ COACH レディース レザー 2way ミニトートバッグ 各色 73277

京都機械工具 KTC 12.7sq.ソケットレンチセット[19点] TB413X 【307-3505】
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はキツツキマーク ヴィンテージ ショートアームチェア

 

 

BUGARI 288 SILVER PLUS 【ブガリ最高級モデル・ダブルチャンバー搭載・アコーディオン】【受注生産品】


louisvuitton ルイヴィトン ナノグラムネックレス M00293