文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

住友 業務用 抗菌スーパー耐熱まな板 1550x850x20mm厚

では、どうすればいいのでしょう。

H区分 パナソニック施設照明器具 YYY36344LE1 屋外灯 スポットライト 埋込ボックス別売 LED

[ショッフェル] ワンピース CAMPEN SWEAT ONE PIECE L レディース (NAVY (80) M)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はグラマー裸婦ポーズBOOK = The pause book of glamo…

 

 

リリカラ リエッタアネ オーダーカーテン&シェード 厚地+レース レギュラー縫製 約1.5倍ヒダ NE223・NE224 幅300×丈120cmまで


直営店◆ルイヴィトン◆ジッピーウォレット・ヴェルティカル 白