文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【お取り寄せ】NTN/自動調心ころ軸受 内輪径240mm 外輪径320mm 幅60m

では、どうすればいいのでしょう。

照明器具 天井 シーリング オーデリック 軒下用シーリングライト LED(電球色) センサー付 OG254526

浴衣 レディース ツモリチサト ブランド浴衣 猫 可愛い きれい おしゃれ クリーム 茶 青格子 着物 4点セット可
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【使いやすい二つ折り財布】Barneys New York 二つ折り財布

 

 

竹虎 ソフラウルファーアーチ ネイビー 18mm S 5枚入 37682


選べる色/サイズベルベットヘッドボードダブルBlush