文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【unico】(LIJN)レインシリーズ ローテーブル

では、どうすればいいのでしょう。

ムータ マリン サンバイザー 未使用 メッシュ ネイビー 紺 おしゃれ muta

ヴィンテージ Johnnie Walker Black Label
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は∞[FSL120DZET]KVK シングルレバー式洗髪シャワー ※寒冷地用

 

 

「Shoot Diary」 倉橋正/写真・横尾忠則/編集


伸縮式 ダイニングテーブル 幅120/80cm 選べる4色 木製 メラミン化粧板 mac120bata-360 1人用 2人用 折りたたみ 拡張 伸張式 バタフライテーブル 4s-1k-210 yk