文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

エスコ/ESCO 硬度チェック(6本) EA706V

では、どうすればいいのでしょう。

A-Tech 4GB モジュール Dell Latitude E5520 ノートパソコン & ノートブック 互換 DDR3/DDR3L PC3-149

Aproca Hard Storage Travel Case, for Logitech G915 TKL Tenkeyless Lightspee
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はNIKE ダンク LOW レトロ 25センチ

 

 

委 234 イギリス工芸運動と濱田庄司 展 図録 1997年10月 陶芸メッセ益子にて開催 人間国宝 浜田庄司


2022SS新作!Rb3548ゴールドサングラス