文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Barski ゴブレット レッドワインクリスタルガラス ウォーターグラス 脚付きグラス ゴブレット 6個セット 11オンス 美しいデザイン ヨーロッパ

では、どうすればいいのでしょう。

ds-2122964 (まとめ)TANOSEE インクジェットプリンタ用写真用紙 厚口 L判 1冊(100枚) 【×10セット】 (ds2122964)

ENJOY EWB432 AIR CON PIQU? 長袖シャツブラウス ホワイト 11
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は特別価格Guess ゲス Lola Guess ローズゴールド レディース アナログ ビジネス クォーツ 海外出荷 W1145L4好評販売中

 

 

PLST リネンブレンドストレッチ パンツスーツ 新品 セットアップ


オーデリック OG254388 LEDポーチライト L別売 LED照明