文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【まとめ買い10個セット品】 ホワイト・サムぺティナイフG[ゴールド] ENDO 15cm ENDO お

では、どうすればいいのでしょう。

ポリスPolice サングラス メンズ SPL540I グレー EU 63-(FREE サイズ) 国内正規品

コンパクト ライスストッカー/米びつ 〔マイルドホワイト 32kg収納〕 幅19cm 無洗米兼用 〔キッチン 台所〕
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はルイヴィトン ポシェット ヴォルガ M53551 アンプラント クラッチ バッグ

 

 

Cherry PULLING HEAD用 NOSE PIECE H702−3NPR用  728A9-3 490-6756


アンティーク ITALY COLLECTION 花台 サイドテーブル 高級家具