文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

未開封 ブルックスブラザース スラックス W34L32 チャコールグレー

では、どうすればいいのでしょう。

NHK大河ドラマ 太平記 完全版 DVD 全13巻 ★真田広之 / 沢口靖子

生け花用 花器33cm
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はiClimb Heavy Duty Compact Camping Folding Mesh Chair with Side Table and Ha

 

 

【新品】シングルふわふわカバー3点セット 寝具 サンゴフリース ピンク5f


イヤーカフ イヤカフ k10 10k 10金 ホワイトゴールド ダイヤモンド 片耳用 レディース ダイヤモンド 上品 エレガント ジュエリー プレゼント ギフト 自分買い