文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

[新品]BalsaCircle 21フィートX 29インチポリエステルBanquetテーブルスカート レッド SKT_POLY_RED_21@001

では、どうすればいいのでしょう。

ジースターロゥ メンズ スキニージーンズ ストレッチ 3301

ティファニー アトラス クロノグラフ(Z1301.32.11A20A71A)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はTAC 税理士試験 消費税法 速習・直前対策コース DVD付

 

 

スリーピングバッグ 軽量 3シーズン ウェザースリープ バッグ 子供 大人 女の子 レディース コットン中空入り 5-20度 バックパッキング ハイキ


ソファ 2人掛け 人工皮革 グリーン 木製脚(着脱可) モダン レトロ 昭和