文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

スタッキングカップ ORIGINAL mushie 知育玩具 水遊び 北欧 クリスマス プレゼント 誕生日プレゼント ままごと コップかさね 1

では、どうすればいいのでしょう。

Igloo Blue Profile II 50 チェスト

透けない封筒 ケント 角2 100g/m2 〒枠なし 1セット(500枚:100枚×5パック)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は6ヶ月使用21年モデル リンナイ RT64MH7R2-CL

 

 

リボス自然健康塗料 カルデット No.270 KALDET 2.5L ライトグレー 【LIVOS】*代引不可


モンティ・パイソン&ザ・シークレット・ポリスマンズ 1976~1991&200…