文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【ポイント10倍】【直送品】 サカエ 中軽量棚NEW型連結(200kg/段・H1800mm・5段) NEW-1715R (204840) 【法人向け、個人宅配送不可】 【特大・送料別】

では、どうすればいいのでしょう。

ツボ万 ダイヤモンドカッターかたぶつツー 外径150×厚2.0×チップ幅7 取寄せ品 KB2-150×22

グローブライド オノフ アカ アイアン 単品 AW SW NS950 neoスチールシャフト 20年モデル
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は東日製作所 トルクレンチ MTQL70N

 

 

日幸物産 VIVAL F (ヴィバル エフ) フェアウェイウッド Tour AD TPシャフト


【送料無料】将棋駒 一刀作銘入り 平箱付/143