文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

PLEASURES ディスチャージ クローラ フーディ パーカー 関税込み

では、どうすればいいのでしょう。

【HERMES】Apple Watch ジャンピングシンプルトゥール 41mm

JanieandJack花柄ペイズリーリサイクルホルタースイムスーツ水着
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【簡易OH済】SEIKO 7005-7031 自動巻き 亀戸精工舎 メンズモデル

 

 

コニシ ボンド 両面テープ プレミアム多用途 厚1.1mm×幅15mm×長10m 10巻入り #04682


MAX MARA マックス マーラ レディース カーディガン ボレロ 古着 M