文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

プロセカ 草薙寧々 SSP サイン

では、どうすればいいのでしょう。

D_CIDE TRAUMEREI デッキ

Tsé&Tsé associées 四月の花器 M
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はOS 立作業台 奥行600×間口900×高さ950mm ( BW960H ) 大阪製罐(株)

 

 

【GUCCI】アニマル プリントパターン サテン シルク 長袖シャツ


1994ラウンド常緑木のセット4