文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

▼ モンティ トライアル フレーム セット

では、どうすればいいのでしょう。

炊飯器★大幅値下げ!!

シマノ 105 5700系 10速コンポ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はシモン 安全靴 長編上靴 SS33黒 23.5cm 『SS3323.5』

 

 

手元に在庫あり♡TOGA Pulla Motif Earring シルバー


ゲーミングデスク SHKGLAB パソコンデスク ゲームデスク ゲーマーに向け 幅 120cm×奥行60cm 耐荷重150kg 組立簡単 ブラック レッド (ブラック&K)